• TOP
  • コラム
  • 不動産投資型クラウドファンディングのメリットとは

COLUMN
- コラム -

2020年 5月 10日

不動産投資型クラウドファンディングのメリットとは

WARASHIBEは、プロが厳選した不動産物件を事業者と共同で保有し、収益の分配を受けることの出来る不動産投資型クラウドファンディングサービスです。ここからはWARASHIBEで不動産投資を始めるメリットを紹介していきたいと思います。WARASHIBEでは不動産特定共同事業法に基づいて、投資家の皆様に、不動産会社である株式会社TRIAD(以下、TRIAD社)と一緒に物件を購入し、運用するスキームを組んでいます。このメリットは主に三つあります。

1.管理の手間がない

一つ目は、投資家の不動産管理の手間をなくせることです。個人の不動産投資の場合は、購入した物件に空室が出来たら自分で空室を埋め、建物や設備の修繕が必要となったら修繕して、という様々な手間が発生してしまいます。不動産物件の管理自体は業者にお願いできても、損益の管理や契約書類の締結等の業務は不動産物件のオーナーとなる立場上、避けられません。一方で、WARASHIBEで投資する場合、投資家は匿名組合出資者という立場となり、不動産から得られる収益の分配を受ける権利を有しますが、不動産の直接的なオーナーとなりません。不動産を実際に所有するのは不動産会社であるTRIAD社なので、不動産の物件管理や入居者対応、損益状況の管理、固定資産税の納付、物件購入時の登記申請なども含めて、管理を一任出来ます。投資家は最初に投資案件をインターネットで調べて選択し、出資金を振り込んだら、後は運用期間が終了した際にTRIAD社が物件の運用結果に基づいて配当の支払いを行ってくれるので、物件管理や損益管理をする手間が全くかかりません。まずは小口で不動産投資を始めてみる、という段階で、不動産物件の管理や損益管理に大きな手間がかかってしまうと大変です。その管理を全て不動産会社に一任出来るのは、WARASHIBEで投資する大きなメリットです。

2.不動産投資のプロと一緒に投資

WARASHIBEで投資する二つ目のメリットは、不動産投資のプロである不動産会社と一緒に投資を行うことで、投資元本の毀損リスクを軽減できることです。 WARASHIBEでは投資家の皆様に優先出資者として出資頂くのと同時に、事業者であるTRIAD社も劣後出資者として同不動産に対して出資を行います。

この優先劣後構造では、案件の運用結果が赤字に終わった場合でも、まずは劣後出資者に対して損失を負担させ、劣後出資者の出資負担額を超えてしまう損失額についてのみ、優先出資者が損失を負担する形となります。このことによって、WARASHIBEでは、投資運用期間中に予定していた賃料収益が上がらず、取得した不動産の元本価値も下がって元本が毀損してしまったような場合でも、TRIAD社が損失を負担するので優先出資者である投資家の皆様の出資元本が毀損するリスクは低く抑えられています。 これは、不動産投資のリスクをTRIAD社が先に引き受けることで、WARASHIBEの投資家の皆様には安定した賃料収益の部分の分配を受けやすくしたいという想いから行われています。

3.オンライン完結でペーパーレスだから管理が簡単

WARASHIBEで投資する三つ目のメリットは、インターネット上で契約が完結すると同時に、投資の前後で紙の書類が一切発生しないことです。不動産投資では物件の購入に関する売買契約書や、購入後の入居者との賃貸借契約書などの各種書類の締結が必要で、契約のために何度も書類の郵送や不動産会社への訪問をしなければなりませんでした。不動産特定共同事業法に基づく不動産への小口投資でも、2017年の改正までは書面での投資契約書の締結が義務付けられており、郵送での書類の受け取りや発送と、紙での保管が必要でした。 一方WARASHIBEでは、インターネット上で全ての契約手続きが完結し、契約周りの書類も全て投資家マイページにて保管される設計としているので、ファイリングの手間や書類紛失の心配も不要です。この手軽さと利便性がWARASHIBEで不動産投資を行う大きなメリットです。

コラム一覧を見る >