【インカムゲイン重視型】人気レストランが入居!インカムゲイン4.5%

広尾 区分店舗 のファンド概要

広尾 区分店舗 運用中
  • 想定利回り(年利)

    4.5 %

  • 出資期間

    1

  • 1口出資額

    1万円

  • 募集金額

    ¥ 60,000,000

  • 応募期間

    4/12 17:00~
    5/18 13:00
    抽選

  • 応募金額

    ¥ 67,800,000

  • 113%

投資シミュレーション

予定金額

万円

WARASHIBE 銀行定期
税引前収益
△税金(源泉徴収)
税引後収益

※銀行定期はメガバンク数行の定期預金(1年)のデータをもとに比較しています。

※シミュレーションの結果は概算値です。

※2037年12月までの税金(源泉税)には、復興特別所得税が含まれます。

※インカムゲイン+キャピタルゲインのシミュレーションになります。

都心一等地の資産価値の高い不動産

広尾 区分店舗

本ファンドは、広尾駅から徒歩7分の好立地にある、区分所有建物の1階店舗区画を投資対象としています。広尾・南麻布エリアには都内屈指の高級住宅街や大使館が密集していることなどから、周辺にはミシュラン星付などの高級レストランが数多く点在します。そのため、このエリアに出店を希望する飲食店やシェフも多く、リーシングリスクの低い物件と見込んでいます。また、一般的に住宅は経年劣化によって賃料が下落する傾向にありますが、テナントニーズの強いエリアの店舗は、経年劣化にかかわらず、強気な賃料水準が期待できるなど資産価値の高い不動産と考えています。


会員制の人気レストランが入居

広尾 区分店舗

本物件のテナントは、会員制のレストランで、食べログ4.2の人気店です。常に2ヵ月先まで予約で埋まっている状況で、コロナ禍においても大きな影響は受けていません。また、ゆったりとした空間、座席の配置などにより、安心して使えるレストランとしてニーズが全く衰えていない状況です。これらのことから退去等のリスクは低いと考えていますが、仮に退去した場合も高級レストランなどの出店ニーズが高いため、早期にリーシングが可能と見込んでいます。また、美容院、エステサロン等の美容系店舗や、高級ゴルフショップなどの物販店舗等のニーズも強く、飲食系店舗以外の用途でのリーシングも容易な物件だと考えています。


良質な物件への投資機会が拡大

一般的に飲食系店舗は、コロナの強い影響によって厳しい状況が続いており、退去リスクや賃料減額リスクが高まっています。このため、不動産投資マーケットでは、飲食系不動産への投資意欲は減退しており、弱気な相場状況となっております。これらの状況から、コロナの影響をほぼ受けていないにもかかわらず、割安に売却されている不動産がマーケットに出てきています。WARASHIBEでは、リスクを徹底的に精査することによって、割安で良質な物件に投資できる好機と捉え本物件を取得しています。
港区南麻布所在の物件としては安定的かつ高い利回りが期待できる物件であるため、運用期間中のキャッシュフローを当面安定的に配当する方針です。


広尾・南麻布エリアの特徴

広尾 区分店舗

広尾・南麻布エリアは大使館や高級住宅がズラリと並ぶ国際色豊かな街です。都会的でありながら、さまざまな人種や国籍、仕事、習慣などが混じり合い、独自の文化と街並みを形成してきました。駅周辺や天現寺橋交差点は活気あふれるエリアですが、表通りから一歩入ると閑静な住宅地が広がっています。また、有栖川宮記念公園があり、緑豊かな環境ゆえ、港区・渋谷区の中でも注目を集めるエリアとして知られています。

広尾 区分店舗

1962年にオープンして以来、60年近く日本在住の外国人の食卓と文化を支え続けてきた「ナショナル麻布」や2020年にオープンした人気ベーカリーの「TRUFFLE BAKERY(トリュフベーカリー」などが点在する。昨年7月には話題のコワーキングスペースがオープンするなど再開発も進む街です。


「路線価」も過去5年間で30%以上の上昇

広尾 区分店舗

広尾は、渋谷、恵比寿だけでなく、六本木、青山から2km圏内という利便性が高いエリアです。その立地とアクセスの良さから、本物件周辺地域の土地の価値を表す「路線価」も過去5年間で30%以上の上昇が見られ、ストックとしての不動産価値の下落リスクも低いのが魅力の一つです。

配当について
本ファンドはインカムゲインによる安定配当を目指すインカムゲイン型のファンドとなりますが、運用期間中に良い条件での売却先が現れた場合は、運用期間中であっても対象物件を売却する可能性があります。
早期売却によって、キャピタルゲインが出た場合には、追加でキャピタルゲインの一定割合を投資家様に分配させていただく方針です。
なお、現時点で明確な売却予定先があるものではなく、キャピタルゲインを含めた想定利回りを表示することは困難であるため、インカムゲインによる想定利回り4.5%(年利)のみの表示としており、運用期間中に対象物件の売却が行われない場合には、インカムゲインのみの想定利回り4.5%を上限に配当を実施することになります。
今後、WARASHIBEでは、キャピタルゲイン重視型のみならず、インカムゲイン重視型についても全てのファンドにおいて、キャピタルゲインが生じた場合は、キャピタルゲインに対する一定割合を利回りに上限を設けること無く、投資家の皆様にも分配させていただく方針です。

WARASHIBEとは

「WARASHIBE」とは、不動産投資を小口で募り、投資家の皆様と事業者で共同出資を行う不動産特定共同事業です。不動産とは、土地およびその定着物のことをいいます(民法第86条)。つまり、不動産の本質的な価値とは、土地と、土地に定着するもの(建物等)の価値を表します。「WARASHIBE」では収益性が高く、かつ、土地を含む不動産の価値についても十分な検証を行った物件を投資対象として選定しております。

配当スケジュール

配当・償還(12ヵ月分) 2022年 6月 30日

お申し込みはコチラ

広尾 区分店舗

広尾 区分店舗

¥ 0

募集期間が終了しました