• TOP
  • ファンド一覧
  • 〈予告〉品川駅前 再開発エリア3区分レジファンドのファンド概要

COZUCHIローンチ予告!【インカムゲイン重視型】インカムゲイン3% +キャピタルゲイン7%

〈予告〉品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド のファンド概要

〈予告〉品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド 運用中
  • 想定利回り(年利)

    10 %

  • 出資期間

    7

  • 1口出資額

    1万円

  • 募集金額

    ¥ 43,480,000

  • 応募期間

    9/15 19:00~
    9/21 13:00
    抽選

  • 応募金額

    ¥ 0

  • 0%

投資シミュレーション

予定金額

万円

WARASHIBE 銀行定期
税引前収益
△税金(源泉徴収)
税引後収益

※銀行定期はメガバンク数行の定期預金(1年)のデータをもとに比較しています。

※シミュレーションの結果は概算値です。

※2037年12月までの税金(源泉税)には、復興特別所得税が含まれます。

※インカムゲイン+キャピタルゲインのシミュレーションになります。

本ファンド概要は、現時点での予定であり、変更になる場合がございます。

ファンド概要
募集総額:43,480,000円 / 4,348口
1口出資額:10,000円
想定利回り(年利):10%(インカムゲイン3%+キャピタルゲイン7%)
募集方法:抽選
募集開始:9月15日
運用期間:7年/2021年10月1日から2028年9月30日
出資金振込日 : 9月27日
配当実施予定日 :1回目2022年10月末、その後2028年まで毎年10月末の計7回
その他:本ファンドには今回の一般募集とは別に本ファンドの販売を行うLAETOLI株式会社が5,000万円の優先出資を行う予定です。


「品川」駅 徒歩4分の大規模再開発事業

〈予告〉品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド

本ファンドは「品川」駅 徒歩4分にあり、再開発事業地内にある3物件を投資対象としています。再開発の可能性が高いことから、安定的な配当原資となる賃料収入と将来価値の上昇によるキャピタルゲインが見込めます。


再開発による将来的資産価値の上昇

〈予告〉品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド

一般的に住居系の不動産は、都心の一等地エリアを除き、経年劣化による賃料低下や要求利回りの上昇の影響などから、資産価値が下落していくものと考えています。しかし、本物件は、再開発予定エリアにあり、将来的に権利変換(注)される可能性があるため、今後は資産価値が上昇するものと思われます。

(注)権利変換とは、権利者の所有する土地や建物などの資産(従前資産)を新しい再開発ビルの敷地と床(従後資産)に置き換えることです。


敷地面積約17,000㎡の大規模な再開発事業
高輪三丁目品川駅前地区市街地再開発事業は、「品川」駅徒歩4分の都内有数の一等地にあり、敷地面積約17,000㎡の大規模な再開発事業を予定しております。計画されている建物は、延床面積約193,000㎡で事務所、店舗、住居、駐車場からなる、複合的な用途による再開発事業となります。

また、本事業と合わせて品川駅から再開発事業地までペデストリアンデッキ(高架で設置された歩行者専用通路)が整備される計画となっており、新しい「品川」駅のランドマークビルとなることが期待できます。

〈予告〉品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド

本事業の全体スケジュール(予定)は上記の通りで、2022年度頭ごろの都市計画決定を予定しております。その後2027年の完成を目指して事業が進捗して参ります。このため、本ファンドは7年の設定になっております。


賃料収入補償の可能性により安定的な配当が見込める
本ファンドは、築53年の区分所有マンション3室、合計61.51坪を投資対象としています。「品川」駅徒歩4分と好立地且つ利便性が高いため、仮に空室が出たとしても賃貸ニーズは強いと考えております。また再開発事業がスタートし、建物が解体される期間は、再開発事業組合から現在の賃料を前提とした補償がされることが一般的であり、建物取壊し後も安定的な配当の可能性がございます。このため7年間にわたり安定的な配当が見込めます。


権利変換による将来的な資産価値の上昇

〈予告〉品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド

今回の再開発事業では、収用される不動産の権利者に対して権利変換という提供が行われる予定です。本事業者が所有する不動産は3室(合計61.51坪)となり、それと同等面積の新築不動産が提供されます。
また本物件は160万円/坪で仕入を行いましたが、本エリアのマーケット状況としては新築マンションの相場で、約580万円/坪~約680万円/坪(2021年7月現在)となっております。現在の新築マンションの相場から、本物件の将来価値を試算した場合、下記のようなキャピタルゲインの配当が期待できると考えています。(本ファンドではキャピタルゲインの18%相当額を上限なしに配当致します。)

〈予告〉品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド

〈予告〉品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド

再開発事業がスケジュール通りに進捗しない可能性や7年後の日本経済の状況等など不透明な要素が多いものの、現状との価値の乖離が大きいため、キャピタルロスが出るリスクは低いと考えております。また再開発にかかる資産価値上昇は都市計画決定後顕著となり、購入希望者が殺到する可能性があるため、条件によっては権利変換を待たず早期売却、償還となる可能性がございます。


独自の換金制度による長期投資へのリスクヘッジ
本ファンドは再開発案件ということもあり運用期間7年と過去最長の設計となっておりますがCOZUCHIで採用される換金制度により期中換金申請はマイページからいつでも申込可能です。事務手数料として投資額の税込3.3%を頂き、原則翌月に換金いたします。

*期中換金の場合、換金時点での最終配当日から換金日までの配当はされませんのでご了承ください。


準備中の新たな換金制度(セカンダリーマーケット)
長期間の投資に関しては、出資金の換金しやすい仕組みが重要であると認識しております。投資家様が換金したいときに、出資分を売りたい人と買いたい人のマッチングができるようなセカンダリーマーケットの創出を考えております。
※各種法令、監督官庁の指導等を踏まえ、詳細なスキームを構築する予定です。


リターンの上限を設けない配当方針
本ファンドではキャピタルゲインの18%相当額を投資家の皆様に上限なしに配当致します。運用期間中に対象物件の売却が行われない場合には、インカムゲインのみの想定利回り3%を上限に配当を実施することになります。


COZUCHIローンチについてはこちら

募集詳細

募集総額 ¥ 43,480,000
総募集期間 2021年 9月 15日 19時00分 ~
2021年 9月 21日 13時00分

配当スケジュール

配当・償還 2028年 10月 31日

お申し込みはコチラ

〈予告〉品川3区分レジ

〈予告〉品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド

¥ 0

募集期間が終了しました